2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久々のパン

パンの先生からシナモンロールを頂きました♪

先日、先生のブログでクイズをやっていてその景品です。
パンを見たのは久しぶり(涙)

お店にも全然売っていないからね。

おいしそう~!
20110317.jpg

宮城県に住む先生のお友達も被災したとのこと。
落ち込んだけれど、落ち込んでばかりいられないからがんばろう!って。

そんな先生が私を見て
「まめさんどうしたの!なんか元気ないよ?」
って。

そして「ちょっと待ってて」と、焼きたての食パンをくれました。
20110317-2.jpg

そう。私ったら被害もたいしたことないくせに
精神的に参っちゃっているのです。

常に体が揺れている感じがして気持ち悪いし
テレビなどで被災地のニュースを見ると、
何も出来ないもどかしさで落ち込んでしまいます。

原発のニュースを見ると心臓がドキドキして。。。

元から寝つきは良いのであっというまに寝るのはいつものこと。
でも早い時間に目が覚めて、その後はドキドキしてよく眠れません。

一昨日の朝「緊急地震速報」で飛び起きたんだけど
今朝もそれが鳴った気がしてパッと飛び起きました。

そしたら単に小鳥の鳴き声でした(>▽<;;
すごく似てたんだもの~~。

多くの避難している方たちが聞いたら飽きれちゃうね。


今自分が出来ることをしていこう!
寄付、節電、節灯油、節ガソリン。
買いだめもしないぞ~。

[ 2011/03/17 ] まめの日常 | TB(0) | CM(6)

まいちょさんへ♪

まいちょさん、ありがとう!
くだらなくなんかないよ!コメント本当にうれしいです。

怖くて不安なのは皆同じなんだよね。
せめて原発の問題が落ち着いてくれれば
あとは前に進むだけなんだけどなあ。

まいちょさんのお母様も心が疲れちゃっているんだね。
少しずつ元気になってくれるといいね。

一緒にがんばろー!
[ 2011/03/24 11:16 ] [ 編集 ]

なんか・・・

まめさん、大丈夫だよって
安心してもらいたかったけど
たけのこさんのコメント読んだら
私のくだらないコメントなんて要らないなって思った。

たけのこさんの言うとおり。
怖いものは怖くて、不安なものは不安で。
毎日気持ちが落ち込むニュースばかり。
でも自分は自分を守るためにがんばるべきだよね!
自分が元気であってこそ
初めて人を元気にさせることができるんだから。
たけのこさんのコメント読んで
今、母が共感疲労になってることがわかりました。
母に元気になってもらうために
私が元気であることを維持しなくては!

現実を受け止めることは大変なことだけど
きっと落ち着くことができますよね!
一緒にがんばりましょうね(^^)
[ 2011/03/21 18:15 ] [ 編集 ]

森のくまさんへ♪

森のくまさんありがとうございます!
あまり自粛しすぎるのもよくないんですね。

そうそう。
森のくまさんのアドバイス通り、テレビを見るのを必要最低限にするようにしました。

毎日ニュースを見すぎたせいもあったんだろうなあ。

ラジオの方が良いかもしれないですね!
[ 2011/03/19 23:47 ] [ 編集 ]

たけのこさんへ♪

たけのこさん、ありがとう。

こんな状態や気持ちになることは悪い事じゃないんだよね。
すぐに被災地と比べてしまって、自分を責めちゃって。
たけのこさんも阪神大震災の後大変だったんだね。

なんか怖くて、なんか不安で。
テレビ見てても涙がでてきたり。
うまく説明できないんだけど、気持ちが不安定な時があって。

寝る前は結構ゆったりとした気持ちでいられるの。
んで、寝つきは良いからすぐ寝ちゃう。
でも朝起きた時ドキドキするんだよね~。
私が寝ている間に何か起きていないだろうかと。
なんか変な感じだよね~。


無理せず、頑張りすぎず、考えすぎず。。。
って風にしていこうと思う。
心って大事だものね。

色々とありがとう。
[ 2011/03/18 22:38 ] [ 編集 ]

私たちにできること

まめさん、こんばんは。
被災した方達のことを思うと胸が痛みますが、過剰に自粛することによって経済は止まってしまいます。
私たちは、いつも通りの生活をしていくことが大事です。

あと、一番いい方法は、「テレビを見ないこと」です。
テレビは、どう言う趣味かわかりませんが、より衝撃的な映像を好みます。
ダラダラとテレビを「ながら見」していると、気分も滅入ってくるので、ここはいっそテレビを消してしまいましょう。
情報はネットや携帯で手に入るので問題ありません。
私はテレビを見ない生活をもう何年もやってますが、何も困ったことはありませんよ。
是非、お試しあれ。
[ 2011/03/17 23:50 ] [ 編集 ]

それはダメ!

被災地に比べたら、、、と思う気持ちはダメだよ。
のちのちPTSDになる!

怖い気持ち、不安な気持ちはちゃんと吐き出して!
泣いて!

じゃないと、その、
「過敏になる」は、何年も残ります。

私は、まさにそれです。
しかも、被災当時医療職でも何でもなかった。
私は命があった。
火災にも巻き込まれずに済んだ。
水とライフラインが何日もダメになっただけで済んだ。
当時独り暮らしの学生だった私は、
「私はまだマシ!」と、バイト経由の支援も頑張った。
毎日怖くて、家に帰れなかった。
暗くて寒い避難所でケアをして忙しくしている方が、よっぽど安心だった。
学校が再開されても、毎日何をしてるわけでもないのに、勝手に涙が止まらなくなったり、
本当に異常だったと思う・・・


のちに医療職になって、
鳥取西部大地震の時に、「西日本災害拠点病院」に居て、
しかも、うちの病棟は震度4以上で、EVも止まって、
オペ室なども、自動的に緊急電源になった。

スタッフまでもパニックになる中、私は気丈だった。
患者さんを護ることで必死だった。
自分でも「私、あれだけの経験しただけあって、強いな!」としか思えなかった。


でも、
帰宅したとたん、体の震えが止まらなくなって、
横になっても、
そう言う時の為に、と睡眠薬を飲んでも、
全く効かなかった。
つまり、それが、
のちに、「PTSDの典型」と指摘された。
書き切れないほどの体調に不具合を来たした。
心にはもちろん。
でも、医療職として、そんな顔はみじんも見せられない。
そんなこんなで、日常業務以上に疲れているはずなのに、
ちゃんと眠れてなくて、脳がギンギンに起きてて、
事実上徹夜が続いてても、ちゃんと動けた。
むしろハイテンションだったかもしれない。。。


こういう状態を、「覚醒亢進」といいます。
それは、「躁的防御」から来るもので、
被災地以外の所の人の多くが、なってしまっている「共感疲労」からも、起こります。
文字の通りの状態です。

体の傷なんかより、
心の傷が回復に時間がかかるのは有名な話ですよね。
でも、その中でもPTSD(心的外傷ストレス症候群) は、本当に厄介です。

だから、
他のことは「頑張る」ことしなくていい!
だから
自分の心の健康維持(つまりPTSD予防に直結する)だけは「頑張って」ほしい。。。

今、これを告白してくれた まめさんだけに直メ送ろうと思ったけれど、
ここを見ている人にも伝えたくて、
敢えて、体験談を一部交えて長文しました。

こう、理論で解っているつもりで偉そうに書いてる私も、
実は今もまだ、自己のPTSDと闘っています。
だからこんなツライ思いを、
体調にまで影響するつらさを、
他の人には広げたくない。
そんな思いで書きました。

おじゃましました。。。
[ 2011/03/17 22:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamechoco.blog20.fc2.com/tb.php/1044-ab940af0









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。